長寿のお祝いとは

「長寿のお祝い」とは、文字通り、歳を重ねて長寿を迎えた人をお祝いし、更なる長寿を願う行事です。
 
日本には、古来より年長者を敬い、年長者の意思を尊重する精神的な土壌がありました。そして、奈良時代頃より中国から伝来した思想や風習を取り入れる事により、長寿を迎えた人へのお祝いが、徐々に一種の儀式化をしていきました。還暦や古稀、あるいは喜寿といった、現代でも比較的ポピュラーなお祝い事は、すでに、室町時代の末期頃には確立されていたと言われています。

さて、現代における長寿のお祝いとしては、還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)などが良く知られています。年齢の数え方としては、古来より数え年を用いていましたが、現代では、満年齢を用いる場合のほうが多いでしょう。また、お祝いをする対象者としては、家族や親戚がもっとも多く、友人や知人あるいは仕事の関係者などを祝うケースもあります。

お祝いのやり方について考えてみると、まず、60歳代や70歳前後の人たちには、若々しい人や、現役で社会で活躍している人が多数いて、盛大にお祝いされる事を嫌う場合が見受けられるので、こういった点には留意すべきだと考えられます。

そして、お祝いの会を催す場合、その日程については、本人の誕生日もしくはその前後にするのがオーソドックスですが、厳格な決まり事は特に無い様なので、本人や出席者のスケジュール、そして季節や気候等を勘案しながら、適当な日を選べば良いでしょう。

祝宴の会場については、家族や親戚といった身内ならば、自宅で行っても良いでしょうし、特別な日を演出すべく、ホテル、レストラン、料亭などで催しても良いでしょう。第三者をお祝いする場合は、通常は自宅以外にて行う事になり、関東近辺に住んでいる人であれば軽井沢旅行など少し遠出する方が多いです。この場合、会費制にして行うとスムーズに行う事が出来ます。

出席する際の服装については、基本的にはごく常識的な服装で良いと思われますが、その会が行われる場所やグレード等に合わせて、選ぶと良いでしょう。ここで大切なのは無理に形式ばらないことです。例えば、習い事でフラダンスをやっており、お祝いにハワイアンジュエリーをプレゼントしてもらった場合、ジュエリーが目立つのでこういう会には不適切だからとわざわざ外す必要はありません。ありのままの服装やアクセサリーで構いません。また、供される食事類については、主賓の好みや出席者の年齢などを勘案しながら考えるべきでしょう。

なお、贈り物としては、古来よりの伝統的な贈り物としては、ちゃんちゃんこや頭巾、そして座布団や扇子といったものがありますが、特にこだわる必要もありません。最近であればパソコン教室に通いスキルアップして自己実現をしたいという方が増えているので、パソコンの通販サイトで中古パソコンをプレゼントするのもありです。要は本人に喜ばれるような、心のこもった品物等を贈ると良いということになります。

国立長寿医療研究センター

国立長寿医療研究センター

国立長寿医療研究センターは高齢者の自立を促し、健康な長寿社会を作り上げていくことをモットーにしています。老化に関する研究や、長寿医療の普及に取り組んでいます。

日比谷花壇

日比谷花壇.com

誕生日、結婚祝い、長寿のお祝い、出産祝いなど、様々な目的に合ったフラワーギフトを選ぶことができます。

長寿の里

長寿の里

九州の素材を使用して、石鹸・化粧品・サプリメント・健康食品当を作っています。これらの商品はオンラインショップから購入可能となっています。